スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】民衆は苦しみ、幹部は贅沢三昧

【中央日報】
北の特権層、中国でぜいたく品買い込む


 国連が北朝鮮への輸出を禁止する「ぜいたく品」を決め、禁輸措置を取ったにもかかわらず、北朝鮮の特権層は中国で堂々とぜいたく品のショッピングを楽しんでいる。米紙ウォールストリートジャーナルが18日に報じた。

同紙は、北朝鮮と中国の国境地帯にある丹東発の記事で、今年10月、核実験に踏み切った北朝鮮への制裁措置として、ぜいたく品の禁輸措置が取られたが、北朝鮮の一部特権層はそれに関係なく中国でぜいたく品を買い込んでいると伝えた。北朝鮮の人々が頻繁に訪ねる買い物先は丹東。

同紙によると、丹東のホテルとデパートでは北朝鮮の人々が目撃されており、一部は丹東税関検問所付近にあるトヨタ自動車の代理店で新車を購入したり、現金5万ドル(約600万円)を支払って高級セダンを購入したりもした。金を買う人も多い模様だ。デパートの宝石売り場の担当者は「北朝鮮の女性らがほぼ毎日金のネックレスなどゴールドのアクセサリーを買っている」と伝えた。

化粧品コーナーの販売員は、北朝鮮の顧客にはスリムなボディー作りのためのボディークリームが特に人気だとした。北朝鮮の女性らは時々川沿いのスパーでミルクバス、マッサージなども楽しんでいる模様だ。中国の税関によると、今年に入って10月まで北朝鮮に輸出された毛皮関連製品は昨年より約7倍も急増した。

テレビなど電子製品は77%、香水、化粧品は10%ずつそれぞれ増加。一部の人々は丹東にあるマンションを購入したりもする。ある北朝鮮の人は最近現金で10万ドルを支払って間取り3室のマンションを購入した。脱北者のパク・ヨンホ氏は「党役員や将官、貿易業者の生活は豊かだ」とした。同紙は、米国・日本などが禁輸措置を取ったが、こうした制裁措置に効果があるかどうかは、中国側の対応次第だと指摘した。




北朝鮮は民主主義人民共和国であり、貧富の差の無い国のはずなのに。

今まで一番人を殺してきたのが共産主義であり、一番身分の差を激しくするのも共産主義。理想と現実がかけ離れすぎている。

なんでこうなるのか?権力は必ず腐敗するから。共産主義は本来は資本主義と対立する言葉なので民主的に首長が選ばれても不思議では無いんだけど、民主主義的に選ばれる事はほとんど無い。腐敗してもそれを糾弾し、交代させるための手段が無い。コレが腐敗の元凶。マルクスはこの人間の根源的な欲、「権力欲」「金欲」への執着を見誤ったと思う。そこが最大のミス。人間は理想的な生き物では無い。

悪い事しても非難される事が無ければ、人間は腐敗する。これは歴史が証明している。独裁国家は必ず滅びる。その内北朝鮮の幹部はこの事を痛感する事になるだろう。

今はただ、北の一般大衆の幸福を祈る。


韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30 韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30
(2006/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

2006年12月19日 【北朝鮮】【総合】 トラックバック:0 コメント:1

共産主義って財産を平等に管理して平等に配分しようとするんじゃないんですよねぇ。
幸福を知らずして欲は沸かないので、一部の特権階級の贅沢が北朝鮮国民のいい革命材料になってくれればと思います。

2006年12月20日 みの URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。