スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【筑波大】北朝鮮への帰還事業は政府の在日追放作戦だった!

【KBSワールドニュース】
在日朝鮮人の北韓への送還 日本政府が事前に企画
 1959年から始まった在日朝鮮人およそ10万人の北韓へのいわゆる送還事業は、人道上のレベルによるものではなく、日本政府のち密な企画によるものだったと、筑波大学の博士課程にいる韓国人のオ・イルファン氏が、論文で明らかにしました。

 この論文は公開された日本の外務省の極秘文書と国会の議事録などにもとづいて作成したもので、論文によりますと、在日朝鮮人の北韓への送還事業は、日本政府が1950年代初め、北韓に残っていた日本人を帰国させるために、北韓側に在日朝鮮人の送還を先に提案しました。そして日本政府は1954年、北韓側が先に在日朝鮮人の送還を提案するよう日本赤十字社を通じて裏から要請し、そのための会談を平壌と中国で行いました。当時日本の外務省は生活保護者に指定された在日朝鮮人がおよそ8万人にのぼって17兆円という財政負担になるとして、帰還させるのがよいという意見を盛り込んだ極秘の報告書を作成しました。

 この報告書は、日本政府が当時人権問題よりは在日朝鮮人を追放する意図を持っていたことを示すものであることから注目されています。論文を書いたオ・イルファン氏は「在日朝鮮人の帰国事業は、これまでは赤十字社間の合意によるとされていたが、実は日本政府が特定の目的のために進めたものだったという事実が分かった点が重要だ」と話しています。




そりゃ生活保護に指定された在日のせいで17兆円も財政負担があったらお帰り願いたいと思うのも当たり前だろ。それより本国に帰りたいと思った人を国に帰すことの何が問題か。もしかして「地上の楽園」に帰りたいと思わなかった人も無理矢理「強制送還」した、と新たな因縁をつけているのか?強制連行された、と言う主張とも矛盾するし、もう何でもありだね。


地上の楽園 地上の楽園
ジャン ドリュモー (2000/11)
新評論

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

2006年12月21日 【日本】【反日総合】 トラックバック:0 コメント:2

帰還事業などよりも強制送還を今やってほしい。

ちょうど外国人の人権など二の次だ、という記事を書いたのでトラックバックを送らせていただく。

2006年12月21日 楼主 URL 編集

コメントありがとうございます。

ただ、どうもお気に入りかどこかに私のURLが入っていないとトラックバックが送れないようです。

コレを機会に相互リンクしていただけると幸いです。

2006年12月23日 T-KA URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。